芸能人を多数鑑定!福岡のイケメン占い師「レオンさん」に仕事運を占ってもらいました

41歳・主婦・四柱推命

「イケメン占い師に会ってみたい、占ってもらいたい!」

そう思ったこと…ありませんか?

占い師って、なぜかちょっと枯れた感じのおじいちゃんだったり、やけにド派手なオバさまが多かったりするじゃないですか(笑)

だから、一度でいいからハッとするようなイケメンに占ってもらいたいなぁって、私はずっと思っていたんです。

今回はテレビでも活躍中、数多くの芸能人を占い的中しまくってきたという福岡のイケメン占い師レオンさんに、仕事運や適職について占ってもらった体験談をご紹介します。

 

再就職できないアラフォー主婦の私は占いに答えと救いを求め…

アラフォー主婦です。

子育てもだんだんひと段落してきたので仕事復帰を願うようになりました。

でもただのパートじゃ物足りない…

やりがいのある仕事に就きたい!自分を磨き続けていきたい!

そう強く思ったんです。

しかし…

憧れや興味がある仕事に問い合わせや応募をしても、よい返事がもらえなかったり相手にされなかったりで、私はすっかり自信喪失気味に。

これ以上喪失して、もともと少ない自信ががすっからかんになる前に…

すっからかんどころかマイナスになって心病まないために…

適職、そして今とるべき行動について占ってもらいたくなったのです。

 

 スザンヌの結婚→離婚を予言的中した占い師「レオンさん」との出会い

そんな矢先、たまたまテレビで芸能人を占うという番組がやっていました。

何人か出ている占い師さんのなかでひとりの男性占い師さんが激しく気になりました。

その名はレオンさん。

アイドル、女優、お笑い芸人、トップアスリートなど、ありとあらゆるジャンルの一流芸能人を数多く占い、しかも的中してきたという経歴はもちろん、その端正なルックスに目がクギヅケになってしまったのです。

しかし、どれだけイケメンでも当たらなかったらダメですし、ただ芸能人をたくさん占ってきただけならどこにでもいる占い師と一緒です。

レオンさんがすごいのは、スザンヌの結婚を的中したということ。

(あれ?スザンヌって野球選手と結婚したけど…たしか離婚したのでは?)

と思った人もいるでしょう。

はい、その通りです。

スザンヌはわずか3年で離婚し、現在はシングルマザーです。

なんとレオンさん、その「離婚」をも予言していた(「結婚の話が出る。でもその話は流れた方が後々いい」と予言されていた年齢でスザンヌは結婚、そして「運命が変わる」と予言されていた年齢で離婚したんだとか!)というのだから、もうすごすぎるじゃないですか!

 

レオン出張占いin名古屋が決定!チャンスを逃すまいと即予約

レオンさんは福岡をメインに活動されています。

だから占ってもらうには福岡まで行かなくてはいけないと諦めていました。

でもなんと、SNSを通じてレオンさんが定期的に出張占いをされていることを知り、近くにいらっしゃる機会があったら絶対占ってもらおうと思ったんです。

するとなんと、10月に出張占いin名古屋が決定したという投稿が!

このチャンスを逃すまいと即予約をしました。

レオンさんの占いは20分5,000円です。

先払いなので、電話で予約をした直後に銀行振り込みをしました。

ちなみに場所は名古屋駅西口のジャンカラ。

私は、なんとなく落ち着いたカフェとかホテルのラウンジをイメージしていたので、

(カラオケボックスで占い?ざ、斬新!)

なんておもしろがりつつも、ちょっとドキドキしていました。

カラオケボックスの部屋は広さがいろいろですが、たまにすごく狭い部屋とかあるじゃないですか?

ジャンカラは部屋が狭いイメージなので、狭い個室に初対面の男性占い師さんと膝と膝がつきそうな距離で20分というのもちょっと気まずいかも…とか思ってたんです。

(あ、レオンさんだからというわけではないですよ。女性の同年代の占い師だとしても2人っきりで狭い部屋はやはり緊張しますからね…)

 

テレビで観るよりイケメンのレオンさん!限られた時間は20分…即占い開始

当日は電車で名古屋へ。

西口はあまり行かないので迷ったりしつつ、ジャンカラにギリギリ到着。

受付でレオンさんの名前を告げ、何号室かを教えてもらい向かいました。

部屋はパーティールームでした。

広い部屋であることを知りちょっとホッとしつつ、ノックして入室。

テレビで観たままのあのかっこいいレオンさんが爽やかな笑顔で迎えてくれました。

時間が20分とタイトなので、座るやいなや即占いスタート。

用紙に記入するのかと思いきや、口頭で名前、生年月日、生まれた時間などを伝えます。

すると、レオンさんはデンモクのような機械(最初、てっきりデンモクだと思いました。もしかしてカラオケが始まっちゃうのかな…とw)にタッチペンでポンポンと入力していきます。ハイテクです。

レオンさんの占いは帝王占いというそうなのですが、生年月日をメインに占うので四柱推命や九星気学をベースにしたものと思われます。

「なにについて知りたいですか?」

「仕事運についてお願いします。向いている職業や転職について知りたいです」

私は即答しました。

 「あなたはいまポツンとひとりで立っている…」その深い意味とは?

「いいですか、あなたはいま立っています。ポツンとひとりで立っていて、立っているあなたを上から光りが照らしています。そのような状態とでています」

(???)

立っている?

ポツンと?ひとりで??

一瞬、よくわからずキョトンとしてしまいました。

すると、それをすばやく察知したらしきレオンさんは「ではわかりやすく説明していきますよ。あなたは自分の力で一人で立ったんです。立てるようになった、それだけの力がやっとついた状態です」と解説してくれたのです。

なるほど、と納得したのと同時に(レオンさんの占いってやっぱすごいかも)と思いました。

仕事復帰したいと思ったことは、個人的にはすごい決断だったのです。

結婚し、すぐに子供が生まれ、それからはずっと子育てに無我夢中の毎日でした。

子供から手が離れたらのんびりしようと思っていたのですが、いざそうなった今(社会で働きたい、自分の能力を生かしながらスキルアップしていきたい)と切望している…

この状態とレオンさんの言う「やっとひとり立ちした状態」はピタリと一致するからです。

 

 占いでわかった!再就職活動がことごとくうまくいかない理由…

「今、気をつけた方がいいことを言いますね。あなたはポツンと立っている、それを上から光りが照らしている、あなたは動き始める…」

カラオケボックスのテーブルを地面、右指を私、高い所にかかげた左手を灯りに見立て、リアルに説明してくれます。

「あなたから見えるのは灯りに照らされたじぶんのごく身の回りだけです。それを無視して動き回ったらどうなりますか?(照らされていない)暗いところをどんどんすすんでしまったらどうなりますか?」

「…落ち…る?」

「そう!落ちてしまう。あなたはいまやっと立った状態、だから無茶に動き回るのはよくない。今は静かにじっくり『学ぶ』とき、勉強のときです」

「レオンさん!私、なにかしたい、とにかくなにかしなくちゃって、条件のよい仕事に応募したりしてるんですが面接でいい返事がもらえないどころか面接にこぎつけるのも難しいんです。無茶してるつもりはないんですけど…」と、ちょっと相談モードで打ち明けてみました。

「それは『時期』じゃないから!時期じゃないのに動いてもいい結果にならないのは当たり前。それどころか、いまやみくもに動くと、くだす判断がことごとく間違ったりしますよ」

「そういうことですね、はぁー、なるほど」

私はひたすら深く納得してしまいました。

「時期じゃないのに動く、動いてもうまくいかず焦る、焦るから判断力が狂う…だからさきほど言ったように道に迷ったり落ちてしまったりする…わかりますよね?」とレオンさん。

私はもう、ただふかくうなずくばかりでした。

 

適職、適性、そしていまやるべきことが占いでハッキリ見えた!

レオンさんの言う「勉強」「資格」「試験」は私が人生でもっとも苦手で嫌いなこと。

なので正直、難しく量も多い宿題を目の前に突然ドカンとだされた小学生のような気分になりました。

でも、レオンさんは「資格を取る、試験に挑戦するのがいちばんです。でも、じぶんの興味のあることをつきつめる、またはじぶんに足りないものについて学ぶことも勉強です。資格というかたちに残るものだけでなく、日々気づいたり人との関係で得るものも『学び、勉強』です」と続けたのです。

私は目の前がパッと明るくなりました。

「たしかに、今年になって人間関係が急に広がったんですがうまくじぶんを出せなかったり…みんなはできているのにじぶんはできないなぁって凹むことがあったりします」

「それは『立ったばかり』だからですよ、すべてはこれからなんです。ひとつひとつのことをゆっくり、でも着実に身に着けていく時期なのです」

「なるほど!」

レオンさんの言葉は力強くストレートなので直球で届きます。

ストンと腑に落ちるから、じぶんで(あぁ…だからか、そういうことか)と気づくこともあれば、レオンさんの直球指摘にハッとしたりします。

ちなみに私は「人と違った仕事」「一風変わった職業」「じぶんの手で生み出す、作り出すこと」が向いていて、具体的には飲食業、芸術関係なのだそうです。

 

「42才で運命が変わる」よい予言とわるい予言にドキドキハラハラ…

そういえば、ちょっと気になることも言われました。

「あなたは42才で運命がガラッと変わります」

「え!ど、どう変わるんでしょう??」

「よくもわるくもです、とにかく自分自身も周りの状況もガラッと一変します」

「ええっ!」

「あなたはひとつの場所や状況に落ち着く人ではありません。変化を求めますし変化していく人ですが、42才が最も変化するとでています」

「激変って…私、どうすればいんでしょう?というか、どうすればいいんですか?」

「いまの学びがその変化に繋がるということです」

「あぁ、なるほど」

「よくもわるくもと言いましたよね?よい変化というのはあなたが世に出る、例えば才能や努力が認められて花が咲く状態、そしてあなたが変わることでまわりが一変するということです」

「はい」

「しかし、悪い方に変わるということはですね、例えば犯罪に巻きこまれたり犯罪を犯して牢屋に入る…それもわかりやすい変化ですよね?もしくは身を落とす…例えば水商売とか風俗嬢とか…それもある意味変化です」

「犯罪、お水…フ、フーゾク……」

私は急に激しく不安になってしまいました。

「いや、あえてわるいことも言ったんですよ!いいことばかりではなくわるい可能性も言うのも占いです。42才に変化する、それをよい変化にするもわるい変化にするも自分と思えばおのずと何をすべきか見えてきます」

「はい、わかりました。学びます!絶対よい変化にします!」

「そうです、学びです。あなたなら大丈夫!」

・実家に帰ったときは自分が生まれた場所からいちばん近い神社に参拝するように

・健康診断を受ける、いまは大丈夫だけど過信せず必ず受けるように

というアドバイスもいただき、笑顔で握手をして終了しました。

レオンさんに占ってもらって、私は急に飲食業に興味を持ち始めました。

といっても、なかなかピンとくる求人がないため、とりあえずあせらず、まずは手を抜きがちだった日々の食事づくりをていねいにすることから始めてみました。

いままで勘や目分量や、自己流でやってきたのを、レシピ通りにきちんと計量し手順通りにつくってみると必ず新発見があるんです。

カロリーや栄養も気になるようになったので、プロ仕様のカロリー表や食品成分表を購入、メモしたり計算しながら献立をたてたり料理をつくっています。

「この空間が好き、ここで働きたい」

そんな風に思えるお店に巡り会うまでの、これもひとつの大切な学び…私はそう信じています。

 

 最後に

レオンさんの占いはずばり「あつかった」です。

レオンさんはオーラがあって目力、声のトーン、響きがハンパなく、耳で聞くというよりは「心で聴く」という感じでした。

数多くの芸能人を占ってきたという華やかなオーラがありましたし、飲食店も経営されていて連日大盛況ということで一言一言に説得力もあります。

20分はあっという間、ほんの一瞬に感じました。

もしまたレオンさんに占っていただける機会があるなら、その時は40分に延長してじっくり占ってもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。