【奈良】三輪恵比須神社の「夫婦櫻」に触れ素敵な男性との出会いがありました

35歳・事務・縁結び

独身女性の多くは、「そろそろ結婚がしたいけど、良い出会いがない…」と悩んでいるのではないでしょうか。

けれど、出会いを求めて行動するということは、決して簡単なことではありません。

実際、私自身過去の恋愛にとらわれ、なかなか新しい出会いを探せずにいました。

そんなとき、縁結びの御利益を得られることで有名な、ある古社の存在を知ったのです。

今回は、奈良県桜井市に鎮座する、三輪恵比寿神社の「夫婦櫻」に縁結びの御利益を求めた体験談をご紹介します。

 

癒しと良縁を求めるなら「大神神社」へ

当時、私は独り身になってからの期間が長く、男性と関わる機会もありませんでした。

もちろん、結婚願望はありましたが、婚活には積極的になれずにいたのです。

恋愛に縁がない私でしたが、有難いことに仕事や友人には恵まれていました。

そんな私には、唯一の癒しの場があったのです。

それが、奈良県桜井市にある「大神神社」でした。

大神神社は、日本最古の神社といわれている有名な場所ですが、癒しのパワースポットでもあります。

初めて訪れた際、その素晴らしさを知ってから、初詣はもちろんのこと、定期的に通うようになっていました。

精神的や肉体的に疲労を感じたときには、一人でふらりと大神神社に立ち寄るようにしていました。

この日も、癒しを求め大神神社でお参りをした帰り道、ふと「三輪恵比須神社」の看板が目に留まりました。

三輪恵比寿神社は縁結びにご利益のある神社として有名でしたので、名前は耳にしたことがありました。

せっかく来たのだから立ち寄ってみようと、軽い気持ちで三輪恵比寿神社に足を運んだのです。

 

樹齢600年!?古くから親しまれている三輪恵比寿神社の御神木

三輪恵比寿神社のご祭神は、八重事代主命八尋熊鰐命などです。

また、日本最初の市場ともいわれており、清少納言の枕草子や万葉集にも、“つばいち”という名称で登場しています。

神事がある日は大変な賑わいを見せますが、神事がない日は静かで人気も少ないことが多いと言われています。

私が訪れたときは、神事がない日でしたので、一人ゆっくりと神社の雰囲気を味わうことができました。

三輪恵比須神社の社務所の向かい側に、樹齢600年の大きな欅の木があります。

この櫻の木こそが、縁結びにご利益のある御神木として親しまれています。

根元は二つに分かれ、中は空洞のようになっていますが、一本の木として立派に立っていることから夫婦欅と呼ばれているそうです。

恋愛成就や子宝・安産などにご利益のある櫻の木に手を触れながら祈願することで、願いが叶うといわれています。

大神神社には何度も訪れていたのに、この日初めて縁結びにご利益のある御神木の存在を知りました。

その立派な佇まいに感心しながら、そっと櫻の木に触れ、良いご縁があるようにと願いました。

 

御神木「夫婦櫻」の御利益はいかに…?

三輪恵比寿神社へ訪れてから数か月後、私は友人が主催するイベントに招待されました。

そのイベントで、なんと一目惚れをしてしまったのです。

もう二度と訪れるはずがないと思っていた一瞬でした。

私はなぜかその男性に惹かれ、友人を介して連絡先を交換することに成功したのです。

それから頻繁に連絡をやり取りをするようになり、二人で会うことにもなりました。

そこで、私は思い切って彼に思いを伝えたのです。

すると、彼も同じように私を思っていてくれたことがわかり、その場でお付き合いが始まったのです。

私は彼に三輪恵比寿神社の存在を伝えると、早速二人で感謝の気持ちを伝えるために神社へ足を運びました。

夫婦櫻の木に触れてから、驚くほどトントン拍子に彼と出会うことができました

散々出会いがないと嘆いていた日々が、嘘のように思えたのです。

それ以来、大神神社に立ち寄った際には、必ず三輪恵比須神社の夫婦欅の御神木にお礼参りをするようにしています。

⇒奈良県桜井市「三輪恵比寿神社」はコチラから

コメントを残す