夫と離婚したい!電話占いウィルの「ルーシー先生」に離婚裁判を占ってもらった体験談

49歳・会社員・電話占い

電話占いサイトにおいて、根強い人気を誇っている「電話占いウィル」。

数多くの評判の良い占い師さんが在籍しており、満足度の高い鑑定結果が期待されています。

私は夫との離婚を目前にしたとき、電話占いウィルの「ルーシー先生」にお世話になりました。

今回は、電話占いウィルの「ルーシー先生」に占ってもらった体験談をご紹介します。

 

藁にも縋る思いで「ルーシー先生」の電話占いを体験することに

当時、私は夫との離婚を成立させるために裁判を控えていました。

弁護士を立てない裁判だったので、一人で戦うことができるか不安で仕方ありませんでした。

離婚という複雑な問題なだけに、周囲の人に相談することもできずにいたのです。

そんなとき、インターネットを見ていると、ある占いサイトの広告が目に留まりました。

それは、「電話占いウィル」というサイトでした。

元々占いに興味がありましたが、電話で占ってもらうことができるということを知らなかったのです。

対面だと緊張して話しづらいことも、電話であれば気軽に話せるかもしれないと思い、早速登録してみることにしました。

そこで、事前にサイトの口コミを見ると、どれも評判の良い内容で溢れていたのです。

その中でも、「ルーシー先生」という女性の占い師さんが気になりました。

ルーシー先生はとても人気があり、占いの予約を取るには数日かかってしまうほどでした。

けれど、せっかく占ってもらうのだから実力のある先生が良いと思い、辛抱強く待つことにしたのです。

予約が取れないまま6日経った頃、ようやくルーシー先生の占いを予約することができました。

予約の順番はメールで通知され、私は緊張しながらもルーシー先生に電話をかけたのです。

 

離婚裁判を前に自分の欠点を知ることができた

ルーシー先生と電話が繋がると、ハキハキとした口調の女性が挨拶をしてくれました。

私はかなり緊張してしまっていましたが、ルーシー先生の人柄にリラックスした気持ちで話すことができました。

離婚の相談をするのは勇気が要りましたが、私は事細かに現状を伝えたのです。

すると、ルーシー先生は、

「あなたは、相手の気持ちを考え過ぎるあまり、自分の気持ちを伝えられずにいることがありますね」

とおっしゃったのです。

確かに、私は相手がどう思うかを考えると、自分の考えや気持ちを飲み込んでしまうところがあります。

相談内容しか伝えていないのに、私の性格まで当ててしまったことに驚きが隠せませんでした。

それだけではなく、今置かれている状況についても解説してくださり、まるでルーシー先生には全て見えているのではないかと思うほどでした。

私の性格を踏まえて、今後の離婚裁判についてアドバイスもしてくれました。

ルーシー先生のおかげで、私は人と関わる上で良くない行動があることに気付かされました。

自分自身を抑えすぎてしまっていたのです。

裁判は、自己主張がしっかりとできなければ意味がありません。

ルーシー先生は、私との会話の中でそのような性格を汲み取ってくれたのかもしれません。

けれど、わずか数分の鑑定時間で性格まで分析できてしまうことに驚きました。

また、ルーシー先生はハッキリと物事を伝えてくださるので、内容がわかりやすく入ってきました。

私の話すペースにも合わせてくれていたので、急かされることなく、満足のいくまで話をすることができたのです。

私は、このときルーシー先生からいただいたアドバイスを存分に生かし、離婚裁判に挑むことにしました。

 

ルーシー先生のおかげで平和な日々が訪れた

後日、ついに夫との離婚裁判の日がやってきました。

私は裁判ということが初めての経験で、占ってもらうまでは不安な気持ちでいっぱいでした。

けれど、ルーシー先生に背中を押してもらい、力強い気持ちで裁判に挑むことができたのです。

ルーシー先生は、鑑定の最後に、

離婚裁判は、あなたが不利になるようなことはなく、スムーズにことが進んでいくでしょう

解決する時期も早く訪れます

とおっしゃってくれました。

まさに、その通りになったのです。

離婚裁判を無事に終え、私は夫と離婚を成立させることができました

先の見えない中、不安で押しつぶされそうになっていたとき、ルーシー先生の占いに出会えて本当に良かったと感じています。

今平和な日々を送れているのは、全てルーシー先生の占いのおかげです。

また何か問題を抱えてしまったときは、迷わずルーシー先生に占ってもらいたいと思っています。

【関連記事】⇒電話占いウィルの占い体験談!「櫻井撫子先生」の心温かい鑑定とは?

⇒電話占い「ウィル」はコチラ【初回3000円分無料】



コメントを残す