嫁姑問題は占いで解決!老舗印鑑店で姓名判断してもらった体験談

33歳・専業主婦・姓名判断

嫁姑問題に、ほとほと困っています。

姑とは同居して、もう2年になります。

子どもは3歳と0歳の子供が2人います。

現在、姑はバリバリ働いており、姑は家事を少しするくらいで、育児の手伝いは全くしてくれません。

とにかく外で仕事をして、フィットネスで運動して帰ってくるという毎日。

男勝りな姑は、言葉がきつく、話す内容といえば、自分の自慢か、他人の悪口ばかり。

思ったことをそのまま口に出すので、私が傷つかない日はありませんでした。

その口の悪さ、話の内容のネガティブさが、いつか二人の子どもに影響するのではないかと、心配は尽きませんでした。

今回は、嫁姑問題で悩む私が、印鑑を作りに行ったときに偶然「姓名判断」で占いをしてもらってきた体験談をご紹介します。

嫁姑問題で悩める人の参考になりましたら幸いです。

 

実家への帰省時、老舗の印鑑店へ

その後も、何とか頑張って育児を続けていましたが、とうとう私はメンタル的に参ってしまい、実家に一時帰省することになりました。

実家では気晴らしのために、両親がいろいろ気を配ってくれました。

その中で、「子どもの実印を作ってみない?」と提案されました。

「そういえば、子どもの印鑑を作っていないな」

「そうだ。私も結婚してから名字が変わったのに、印鑑はそのままだ」

子供が生まれてから忙しかったので、すっかり忘れていました。

印鑑というのは高価なものですが、「印鑑を大事にすると良いことがある」とも聞いたことがあります。

親に聞くと、地元の老舗の印鑑店がおすすめだとのこと。

ところが、その印鑑店は「本当に地元の人しか知らない、知る人ぞ知る」という、不思議なお店だったのです。

 

印鑑店で無料の姓名判断サービス!?

車で出かけ、「ここだよ」と降ろされたところは、普通のドラッグストアのようなお店。

印鑑の「い」の字もありません…。

戸惑いながらも、母と店内に入りました。

すると、出てきたのは、30代くらいの男性。

あらかじめ、母が電話しておいたので、「ああ、印鑑ね」と頷き、男性は奥の方に声をかけました。

すると、そのお母様という感じの女性が姿を現しました。

「新しい印鑑を作るのね、こちらにどうぞ」

うながされ、私はソファに座りました。

そして、事前に言われていた通り、自分の実印を差し出しました。

「あら、すごく汚れているわ。でも、欠けているところはないわね」

女性は、手際よく、私の印鑑を磨いてくれて、印鑑の手入れ方法も教えてくれました。

ベンジンを使って、お手入れすると良いそうです。

次に、「私の印鑑」「二人の子どもの印鑑」を作ることになり、紙に名前を書きました。

印鑑はひとつ3万円以上しましたが、品質が良いものであり、老舗のお店が作ってくれるので、思い切って購入することにしました。

すると、

「良かったら、姓名判断をするわよ。もちろん無料でね」

「え?」と思いました。

まさか、印鑑店で占いとは、思ってもみなかったからです。

しかし、落ち着いて考えてみると、印鑑にはお守りのような意味もあります。

自分の名前を彫り込むものですし、姓名判断を行う店があってもおかしくないのかもしれません。

ちょっとびっくりしましたが、興味があったので、占ってもらうことにしました。

 

私の名前を見て口ごもる占い師

まずは、私の名前と生年月日を記入。

旧姓と、今の姓を、です。

「うーん…」

女性は少し口ごもりました。

言葉を選んでいるようでした。

「あなたは能力が高いし、運も良いんだけど…これは、苦労してきたねえ…」

名前自体は悪くないようですが、苦労する名前のようです。

それを聞いたとき、いくつか思い当たることがあり、ため息をついた私でした。

「でもね、結婚して新しい姓になって、少し楽になったかもしれないよ。一息つけるんじゃないかな」

姑と同居する前、夫と二人暮らしをしていた時期は、確かに楽しかったです。

次に姑の名前を書いて、見せると、

「これは大変な人だねえ…」

女性は驚いたようでした(姑の名前は、わりと普通なのですが)。

「これは、とてつもなく強い人だ。これは大変だ」

この言葉には、私は思わず大きく頷きました。

「大変だ」と言ってくれただけで、どこか体の力が抜け、ホッとしたような気持ちになりました。

 

子供の姓名判断結果と姑問題の対処法

次に、二人の子どもの名前を書きました。

するとどうでしょう。

女性は笑顔になり、じっと私を見つめました。

「素晴らしいお名前です。なんて素晴らしいお子さんでしょう。親孝行なお子さんたちですよ。お母さん、頑張りましたね。素晴らしいです」

途端、私の目から涙がこぼれ落ちました。

まだ幼稚園にも入園していない子どもが二人です。

子どもたちの名前は、夫と相談して決めたもので、姓名判断や占いを取り入れたものではありません。

いわゆる「赤ちゃんの名前の本」を見て決めたものでもありません。

ただ、「この子にはこの名前を」と、夫と二人で相談し、意外と短時間で決まりましたが、子どもにしっくりくる名前にしました。

その後、女性は「どのようにすれば、姑からのストレスが減るか」「私の健康が回復するか」をアドバイスしてくれました。

「お仏壇、ご自宅にありますよね」

えっ?お仏壇???あ、そうだ、ある!確かにある!

「汚れていませんか?あ、やっぱり汚れています?きちんとお掃除して下さいね」

「あなたのご先祖さまに、お酒好きな方がいたようです。お仏壇にはお酒もお供えしてね」

「あら、幼くして亡くなったご先祖さまもいるようですね。ミルクもお供えして下さい」

「それでね、般若心経をあげて下さい(唱えて下さい)」

「ご先祖さまに、お姑さんの悪口を言ってもいいわよ(笑)」

「お姑さんはねえ…極端な話、誰かに暴力をふるうとか、そういうことがないならそれでヨシ、じゃないかな?」

お仏壇を掃除する、お酒を備える、ミルクも備える、そして般若心経。

全く予想外のことを告げられ、私はポカンとしました。

お姑さんについては……まあ確かに、そこまでひどい行動はしないけれど…。

 

最後に

ともあれ、お仏壇関係など、ほとんどお金がかからないことばかり。

「まずはやってみよう」と思い、しばらくして姑の家に戻ったときに、実行してみました。

すぐには効果は現れませんでしたが、薄い紙が少しずつはがれるように、状況は良くなってきました。

これからも女性の占い師から教えてもらったことを、引き続き実践していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。