「阪急占いセンターかっぱ横丁店」で占ってもらいました

29歳・自営業・四柱推命

梅田の「阪急占いセンター」で占ってもらう

ずっと昔の話です。

出会ったばかりの男性を好きになってしまって苦しんでいました。

彼とは遠距離でなかなか会えず、どうしても彼の気持ちを知りたくて占いに頼りました。

占い師さんに聞きたかったことは、生年月日から彼の性格や特徴。

それと、私のことをどう思っているか、今後うまくいく可能性があるかどうかです。

今考えれば、出会ったばかりなのでどう思っているということもなかったと思いますが、当時は誰かに背中を押してほしかったんだと思います。

もともと祖母が占い好きで、「細木数子さん」の本がいつも家にありました。

母も神戸の占いの館によく行っていたので、占いをしてもらおうという発想は自然に出てきたものでした。

 

「阪急占いセンター」の鑑定結果

占い師さんは中年の女性で、少し化粧が濃い目の明るい茶髪の方でした。

雰囲気はややクールですが、いかにも占い師という感じはありませんでした。

まず白い紙に彼の名前と生年月日を書くように言われました。

占い師さんは古い本を取り出して、何かの数字をメモ書きして、計算をしてから話し始めました。

ヒアリングの得意な方だったので、結果を言う前に私がいくつか情報を話してしまっていたかもしれません。

占い結果としては、

「彼の性格は頑固、頭がいい、少し前に彼女と別れた」

などの情報を教えてくれました。

そして私に「彼を愛してるのね」とさりげなく言いました。

「出会ったばかりなんですけど…」

と補足すると、

「ああ、愛してるまではいってないのね」

と取り消していて、そこは少し疑問に思いました。

 

阪急占いセンターの占いは当たっていた?

彼とは結局うまくいかなかったのですが、占い師さんはうまくいくとは言っていなかったので、当たったとも外れたとも言えません。

うまくいかなかった理由は自業自得でしたし、若い恋のひとつとしていい思い出になっています。

もし、占いの結果でうまくいかない未来が見えていたとしても、恋をしている若者にうまくいかないからやめなさいとは言わなかっただろうと思います。

その方は占いをしながらずっと私の話に耳を傾けてくれました。

具体的なアドバイスが欲しかった当時の私には物足りないものでしたが、今思うといいカウンセリングになっていたのだと思います

彼の性格面では頑固や頭がいいという部分は当たっていますが、人間誰しも持ち合わせている面なのでなんとも言えません。

 

最後に

感想としては、占いというのは基本的に相談者の悩みを聞いて解決に導いてあげる「カウンセリング」なのかなと思います。

インチキということではなく、相手が持つ悩みによって開示する情報を変えているのではないかと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。