京都の占いの館「千里眼」体験談!37歳婚活女子の結婚はいかに?

37歳・事務・数秘術、ルノルマンカード

京都に旅行したとき、結婚について占ってもらいました。

占ってもらった先生は、千里眼の「寿々絽(すずろ)先生」です。

長い髪の優しそうな先生でした。

今回は、京都の占いの館「千里眼」で恋愛・結婚について占ってもらった体験談をご紹介します。

 

京都の「千里眼」で寿々絽先生に占ってもらう

占ってもらうのは今回が数年ぶりでした。

以前、恋愛について占ってもらったとき、「そもそも、あなたは‥」と私が悪いような、心無い言い方をされ、それ以来占いに行くのを止めてしまっていたのです。

ただ、寿々絽先生は物腰が柔らかく声も優しく、まさに京都の女の人という感じがしました。

そして丁寧に挨拶をしてくださり、

「結婚できるかどうか、占ってほしいんです」

とお願いしました。

すると、生年月日をもとに占いを始めてくれました。

寿々絽先生は、ぽつぽつと、

「あなたは○○ですね…?」「…ということで思い当たりませんか?」

など、静かにゆっくり話していきました。

過去に会った占い師さんが「あなたは、○○です!」と決めつけるような言い方をしたことが多かったので、ソフトな話し方に安心しました。

聞かれたことの中には「え、なんでそんなことわかるの?」と思うことや耳に痛いことがあってギクッとすることがありました。

「あっ、そうです。たしかに…」とだんだん引き込まれていきました。

 

私の数字は「9」?数秘術で恋の癖を読んでもらう

まず、最初に生年月日を聞かれ、いくつかの数字を出してもらいました。

「数秘術といって、数に秘められたメッセージを読み解くものです」

「まず、あなたがどんな思いで今生に生まれてきたのかということや、恋愛の癖、さらに年ごとや月ごとの運勢の波を読むことができます」

と分かりやすく説明してもらいました。

数秘術によると、私の数字は9を中心に、6、11などでした。

先生が「ああ、9番さんですねえ~」とおっしゃるので「どういうことですか?」と聞くと、

「あなたは知恵がありそれを人様のために活かそうという、とても賢い女性ですね」

「前世でも、地域や世界全体の平和を願って人々をバックアップする、という生き方を多くしてこられたんじゃないでしょうか?」

と言われました。

「ただ、恋愛ということになると、まずなかなか簡単に人を好きになれない、好きになってもなかなか態度に出せなという慎重さが恋愛の大きな癖ですね」

「石橋を叩いて叩いて、それでも渡らないとか。叩きすぎて橋を壊しちゃったりとか」

と言われました。

私は自分では、たしかに用心深い方だけれどもそこまででないと思っていました。

けれども、隣の席に座っていた友人が「本当だ!」と笑い始めました。

「職場でも、敵はまずいませんよね。男性も、目上の人も後輩の人も、あなたのことをけっこういいなあと感じている人も多いんじゃないんですか?」

「ただ、肝心なあなた自身が簡単にいいなと思えないので、そんな人に気づきながらスルーしたりしてません?」

と先生が言うと、友人が、

「そうなんですよ!もったいないんですけど、本人がその気にならなくて!」

と盛り上がりました。

自分ではそんなことに気づかなかったのですが、たしかに、

「好意をもってくれているのに気づいていても、なかなか簡単に気に入らないのでついスルーする」

という指摘にはドキッとしました。

「あなたの恋愛の癖は、そんなにひどくないから大丈夫ですよ。もてないんじゃなくて、あなたが向き合ってあげられるかどうかの問題だから」

と言われ、喜んでいいのか少し戸惑いながら「大丈夫」という言葉にホッとしました。

 

結婚相手と出会うための作戦を立てる

先生は、

「結婚できるか?じゃなくて、いつ・どうしたら結婚できるか?を真剣に考えたらいいですよ。結婚はしたいと思えばできるんです。ただ、占い師の私にできるのは、そのための作戦をお伝えすることです」

と言いました。

今まで「3年間はできない」「このチャンスを逃したら晩年まで難しい」などと言われることがあったので、

「婚活はいつでも頑張るべき、作戦さえ立てたら大丈夫!」

という言葉は、胸にしみました。

「慎重な癖も、良い面で言えば、貧乏神やダメンズを寄せ付けないから安心なんですけど、最初は誰でも相手のことをよく知らないし、付き合っていくうちにその人の良さを見つけて好きになったりするのも恋愛ですから、石橋を渡る!というちょっとした勇気、それだけでも大きなチャンスのきっかけになりますよね」

「ただ、あなたはプライドも高いので、妥協して相手にするというのはできないはずです。だから、最初は恋愛の相手候補というのではなくて、まずは男性のお友達を作るという意識を持ってみてください。そしてね、最初から相手を観察するのは禁止。女性は誰しも直感が鋭いし観察眼もあるから、まだ好きではない段階で観察すると、いいなと思える段階に進める男性はほとんどいなくなりますよ。服装や髪型、しぐさなどはあまりじっと見ない。ぼんやり、なんとなく見るくらいでちょうどいいんです、あなたの場合は」

「まずは、”イヤじゃない”人なら、1回は会ってみましょう。もし、3回会ってイヤじゃなければ、あなたにとってかなり有望な男性です。結婚相手にふさわしいか観察したり検討するのはそこからでも遅くないでしょう」

と言われました。

私よりも友人のほうが、

「そうなんですよ、先生!ふわっと見てあげて、1回は会ったりしたらいいんですよね!」

と納得していました。

 

「あなたは天然な面がありますね?」

「そして、あなたは意外と天然でしょ」「第一印象ではソツがなくて感情も穏やかな人と思われてるけど、変わった趣味を持ってたりとか、急に場違いなこことを口走って驚かれたりするでしょう?」

とも言われました。

友人は、

「えー!なんで分かるんですか?そうです、この人こう見えて面白いんです!」

と驚いていました。

「第一印象で惹かれた男性でも、それを面白いとかかわいいと感じてくれたら、あなたのことを長く愛してくれる相手になりますよ。だから、天然な一面も見せられるほど、最初の段階で少しがんばって話したり会うようにしてみてね」

と言われ、「え‥そうなんですか」と答えていると、友人は「そうですよね!」とニヤニヤ笑っていました。

 

ルノルマンカードで結婚を占ってもらう

私は、実は職場の取引先の男性に、メールアドレスを聞かれ、何度かメールをもらっていました。

ただ、「この人でいいのかな?結婚相手としてふさわしいのかな?」「今こんなメールしたら迷惑かな?」など、迷うことがあってあまり返信していませんでした。

しかもその人のことを友人には話していませんでしたので、先生に「誰か気になる人いますか?」と聞かれても「いえ、特には…」と答えてしまいました。

先生は、テーブルの上にカードを何枚も広げました。

「ルノルマンカード」というカードを私は初めて見ましたが、絵柄がとてもきれいでびっくりしました。

しかも、タロットのように定位置に置くのではなく、全部並べて一斉に読むというスタイルというのもすごいと思いました。

「…あれ?」と先生が私の顔を見ました。

「すぐ近くに男性がいるんだけど…気づいてるでしょ?しかも、あなた自身も彼のこと悪く思っていない、ですよね?」

と言われ、驚きました。

「えーっと、取引先の人で…」と話し出すと、

「ああ、この男性は…いいんじゃないですか?周りからの引き立てもあるし、お金回りも良さそうだし…。もしかして名家のお坊ちゃまなのかな?きちんとしたお母さんがいますね。あなたは男性のお母さんには受けがいいと思うから不安はないですよ。この男性に関して注意点といえばそのくらいだし、第一この男性もあなたに好意を持ってますよ?この男性とお付き合いしないんですか?」

と、次々と言い当てられ、ただびっくりしてしまいました。

 

結婚に向けての良いタイミングは?

数秘術とルノルマンカードで、今後結婚に向けて良いタイミングはいつかということを教えてもらいました。

「数秘術で読むと、あなたは今度の誕生日まで、古いものを手放す時期です。さっき話したような、慎重すぎてチャンスを逃す癖もその一つですね。いきなりその癖を改めることは難しいでしょうから、まずは深く考えずに一歩前に出るという行動を10回に一度はやってみる、ということから始めたらいいと思いますよ。気になる男性に対しても、あれこれ考えず、メールや電話をしたいと思ったときがベストタイミングだと思って、アクセスしていきましょう」

「そして、今度の誕生日からいよいよスタートのときがやってきます。この時期に生涯のパートナーを見つけたり、パートナーに決めたりする人も多いです。このスタートの1年の間に結婚相手を決めると、その後約10年、良い運勢の波に乗っていけますよ」

「カードも合わせてみると、この春が、最初の楽しいピークです。さっき話していた男性とでもいいですし、その男性では不安というなら、浅く広く、合コンやパーティなどで”お友達”と知り合ってみてください」

とのことでした。

 

京都占いの感想

私は自分のことは自分でよくわかっているつもりでしたが、「実は天然」と言われ、それが友人に言わせると「本当に先生の言うとおり!」だったので、目からウロコが落ちたようでした。

自分が「面白い人」だと言われたのもとても意外でした。

ただ、先生は、単に何かを言い当てる・未来を予言するというのではなく「あなたは…だから…そして運気は…だから…」と心を込めて「作戦」を練って教えてくれました。

先生のお話からは「あなた達を応援しているよ!」という気持ちやメッセージがとても伝わってきました。

そのため、あとで見てもらった友人と2人で、とても暖かい気持ちになり、最高の京都旅行になりました。

 

最後に

なかなか勇気が出ませんでしたが、気になる男性に京都のお土産を買い、それを渡すという口実でメールを送ってみました。

そして、その後何度か食事に行き、先生が指摘していたように、「育ちの良い人なんだなあ」と気づくことが多く、いつしか大好きな人になっていきました。

まだゆっくりしたペースですが、あれこれ考えずにメールや電話をするようになって、彼との距離がだんだん近づいていっています。

占いに行ってよかったと思います。

その他の京都の占いはこちら↓

店名 場所 体験談
千里眼 京都市 体験談
ビッグマザーズ 京都市 体験談
京占い祇園 京都市 体験談
key&door 京都市 体験談

コメントを残す