吉備津彦神社の「子安神社」で縁結び&子授け祈願した結果は…?

22歳・学生・縁結び

岡山県「吉備津彦神社」にある「子安神社」をご存知ですか?

ココの神様が「縁結び」「子授け」にとっても効果があると有名なんです。

実際私は、「子安神社」にお参りすることで、今の旦那と出会い、その後、流産を経験するも無事子宝に恵まれることができました。

今回は、私が「子安神社」のおかげで旦那と子供たちに巡り合えた体験談をご紹介します。

 

男との接点ゼロ!バイトに明け暮れる私を友人が誘い出してくれる

当時、私は21歳。

九州の実家を離れ、岡山で大学3年生をしていました。

今から9年前、2007年のことです。

そんなとき、「吉備津彦神社」へ行ったのは、大学の友達に誘われたことがきっかけでした。

授業には真面目に出ていたものの、サークルには入らず、生活費を稼ぐためのバイトばかりしていて、男の子の友達すらできていなかった私。

友達はそんな私を心配してくれていたようでした。

彼氏が実家に帰っていて暇だという理由をつけて、元旦の初詣に私を連れて行ってくれたのです。

一人暮らしをするようになってから、神社に来たのはそのときが初めてのことでした。

私の足は自転車と公共交通機関しかなく、土地勘もないため、すごく行動範囲が狭かったのです。

地元育ちの彼女は、この辺りでもそれほど人の多くない神社を知っていたようでした。

「吉備津彦神社」はそれほど大きなところではなく、参道の脇にある池や途中の橋などが美しい綺麗な神社でした。

元旦だからか正門の前で火を焚いていて、その炎がすごく熱かったこと、煙の臭いがおろしたてのコートにつかないかと心配だったことを覚えています。

 

縁結び効果のある「子安神社」で恋愛祈願

拝殿にはそれなりの人が並んでいましたが、5分ほどで私たちの番になりました。

私がお願いしたのは、その1年の「健康」と「大学卒業」。

友達の気持ちは知っていましたが、私自身は当時、特別彼氏が欲しいとまでは感じていなかったのです。

「お参りが終わったらおみくじを引こう」

そう話していましたが、拝殿に背を向けたところで左側に細い道があることに気付きました。

「あっちは何?」そう友達に聞くと、「子安神社」という子宝にご利益があるという神社があると言うのです。

「あ、そういえば縁結びにも良かったかも」

それを思い出した友達が絶対に行くというので、私も後について細い道に入り、急な階段を登って小さなお社でお参りをしました。

よくよく説明書きを見てみれば、岡山藩の池田光政公のお父様が子宝に恵まれるきっかけとなったのがこの神社とあり、それならばと私も、

「誰か良い人、気の合う人と縁がありますように」

「結婚して子どもを生みたいと思えるような人が良いです」

なんて欲張りなお願い事をしたんです。

だけどそんなことは、その後に引いたおみくじが「凶」だったことですべて飛んで行ってしまいました。

「恋愛」だけは良いことが書いてあったんですけどね…。

 

就活前に始めたレンタル店で1個下の彼と出会う

その年の冬休みは、前の年と同じようにあっという間に終わりました。

その頃私は、就活の始まりを前にアルバイトを増やすことにしたのです。

というのももちろん、就活が始まってしまえば働ける時間が短くなるからです。

私にとっては「バイト代=生活費」だったので、この時期に貯金を増やしておかないと生活が立ち行かなくなってしまうことは分かりきっていました。

1~2年生の間に頑張って単位を取っていたので、その年からは昼間にも時間が空くようになっていました。

そこで日中は、大学近くの「レンタルビデオ店」で働くことにしました。

面接を受けて採用され、すぐに出勤日が来ました。

日中は他のアルバイトさんもベテランが多いと聞いていた私は、とても緊張していました。

そして、そんな私の「頑張って働くぞ!」という心をへし折ったのが、彼でした。

一つ年下の彼は、そんな風には見えないくらいのおっさん顔。

もう3年はそこで働いているらしく、昼間のバイトメンバーの中ではリーダーのような存在でした。

そんな彼が新人の私の指導役になったのですが、彼の指導はまさしくスパルタ式でした。

レンタル商品のジャンル分けを覚えるところから始まり、それぞれの棚の位置、返却の仕方、レジ打ち、お客さんへの問い合わせへの対応、電話の掛け方・取り方…。

とにかく細かくたくさんのことを一気に詰め込んでくるのです。

「一度教えたことは二度と言わない」と常に言っていましたし、実際それをやるとすごい顔をして怒られました。

本当にここで働いていけるだろうかと最初の3日くらいは本当に落ち込んだくらいです。

だけど、メモを取りそびれることはないようにゆっくりと教えてくれましたし、ちゃんとできればきちんと褒めてくれました。

仕事中は厳しい態度でしたが、バイトが終わればみんなで行く食事に私も誘ってくれたり、体調を崩せば連絡をくれたりととても細やかに気を配ってくれたんです。

そんな彼のことを好きになっていることに気づいたのは、ある日彼がバイト先の休憩室で顔を突っ伏して眠っていたときでした。

昼間は働いて学費を稼ぎ、夜は専門学校へ通っているという彼に、

「疲れているんだろうな、何かしてあげられないかな、私が守ってあげたいな」

思わずそう感じたのです。

しかし、気持ちを自覚したからといって、何か行動ができるような私ではありません。

彼の方も、決して私に対する態度が特別なようには見えません。

 

彼とは縁があるの?彼の気持ちが分からない日々を過ごす

2人の関係は特に進展しないまま、私の就活が始まり、週に1度程度しか会えない日々が始まりました。

ところがそうなって初めて、彼からの連絡がすごく増え始めたのです。

お互いにゲーム好きなこともあって、

「家にいるのなら一緒にやろう」

とスカイプでしゃべりながらオンラインゲームで遊ぶことが増えていきました。

「○○さんは彼氏はいないの?」

なんてことを言われるようになって、これはもしかして脈があるのかもと感じ始めました。

とはいえ、彼は基本的にはきつい物言いをする人ですし、行動に感情が見えてこない人でもあります。

スカイプで話しかけてはくるのに、その後の話題を提供するのは私だけだったり、ちゃんと話さないと怒り始めたりといったことも多く、私には彼の気持ちがよく分かりませんでした。

それが原因で喧嘩になってしまったこともあります。

だけどそんなときには、神社にお参りしたときの気持ちを思い出すようにしていました。

「気が合う人、結婚できるような人ならきっと無理をしなくても上手くいくはず!」

「この喧嘩でダメになるようなら、私と彼には縁がなかったんだと」

 

彼と「吉備津彦神社」にお参り、帰りに告白を受ける

そうしてその年の冬、なんと彼の家が「吉備津彦神社」のすぐ近くだということがわかり、昨年は友達と行った神社に2人で行くことになりました。

そしてその道すがら、彼から告白されたのです。

私は思わず「子安神社」の神様に心の中でお礼を言ってしまいました。

それからしばらくは順調にお付き合いを続けました。

地元での就職が決まっていた私が引っ越しをしたことから、2年ほど遠距離恋愛をすることになりましたが、彼の就職を待って再び彼のいる町へ。

その後、無事に入籍しました。

夫となった彼とは、ときどき喧嘩しつつも2人でいることが楽しいと感じることができる人です。

「子安神社」の神様は、本当に私にぴったりな人と出会わせてくれたなと思っています。

 

結婚後に流産を経験、子安神社で子授け祈願をして無事出産

また、結婚後は2年ほどしてから子どもをつくろうとしたのですが、なかなか恵まれず、妊娠できたと思ったら初期に流産してしまい、辛い思いもしました。

そこで夫と相談して、また「子安神社」へお参りに行くようになりました。

子授け守りと安産守り、2つのお守りを買って祈るような気持ちで毎日を過ごしたところ、無事に妊娠。

そして今年、そのときの子供を出産しました。

母子共に健康で、とっても元気な子です。

 

最後に

来年のお正月には、「吉備津彦神社」と「子安神社」へ行ってお守りを返し、重々お礼を言っておかないといけないなと思っています。

私にとって「吉備津彦神社」及び「子安神社」は、夫との出会いと子供との出会い、両方を支えてくれたとっても大切な場所になりました。

⇒「子安神社」はコチラ

コメントを残す