大阪「天三占夢館」での占い体験談!相性占いで彼が既婚者だったことが判明

25歳・保育士・手相、四柱推命

“片思い”してしまいました。

25歳にして、一目惚れしてしまったのです。

私は今まで、男性からのアプローチによって付き合い始めて、徐々にこちらも好きになっていくというパターンの恋愛しかしたことがなかったので、かなり戸惑いました。

彼は一個年下の24歳です。

急激に高まっていく自分の気持ちをコントロールできず、かといって告白する勇気もなく、辛い日々を過ごしていました。

今回は、大阪の「天三占夢館」で占ってもらった結果、片思い中の彼に衝撃的な事実が発覚した体験談についてご紹介します。

片思いの状態に耐え切れず、占いへ

彼と個人的に接点を持ちたい。

そう思いながらも、共通の友人との飲み会の場で月に1、2度世間話をするだけという状態が続いていました。

彼は堂々とした、かなりの自信家でした。

言い方を変えると“神経が図太い”のですが、私は彼のそういうところに惹かれたのです。

私自身は控えめな性格なので、自分にない部分を強烈に彼に感じたのだと思います。

毎日毎日彼のことで頭がいっぱいで、このままではどうしようもない、どうしたらいいのか分からない、そう悩んでいるうちにふと、占いに行ってみようかと思ったのです。

それまで占い師に見てもらった経験は一度もありません。

不思議なことに「占い師にみてもらおう」と決めた瞬間に、すっと気持ちが軽くなったのを覚えています。

大阪「天三占夢館」の占い結果は?

私が足を運んだのは、大阪市内にある「天三占夢館」です。

占い師の方は、竹田先生だったと記憶しています。

相性を見てもらうのに4,200円。

家から近く、馴染みの商店街の中にあったので、ここに決めました。

待っている人もいなかったので、すぐに占ってもらうことができました。

そのときの私は、

「早く彼のことを話したい、聞いてもらいたい」

という心境でした。

まず、今の状況を簡単に伝えて、私と彼の生年月日も伝えました。

年季の入った難しそうな本をパラパラとめくりながら、白い紙に何かどんどん書き込んでいきます。

そして、先生の口から出た一言は「相性は良くないですね」でした。

私は予想していなかった言葉に、愕然としました。

「そうなんですか…」と言うのが精一杯でした。

驚いたことに、その先生は彼のことを「積極的な性格」「我が道を行く」「人の下で働くタイプではない」と言い、そして「他人に対する自分なりの優しさを持っているが、強引なため理解されないことが多い」と言い当てたのです。

私から見た彼の印象は、まさにその通りでした。

私はいわゆる“恋の病”真っただ中だったわけですが、彼の人物像をそれなりに客観視できていたということになります。

実際、彼は自分で不動産関係の会社を興し、事業主としてバリバリ仕事をしていたのです。

「生年月日しか伝えてない状況でなぜ?」と不思議でなりませんでした。

「相性は良くない」と言われても、諦めることなど全く考えられない私は「気持ちを伝えたいがどういう風にすればいいか」ということを聞きました。

すると次は、私の両方の手の平を見て、

「電話で伝えなさい。あなたは電話を使った方が思うように気持ちを伝えられる」

と言いました。

告白は直接会って言うべきだと思っていたので、これは意外でした。

これも私の性格を見抜いての助言だと思います。

クリスマスデートのお誘いに成功

私の気持ちなど気づいていない彼に、いきなり告白もどうかと思ったので、まずは食事に誘ってみようと思いました。

そして、ちょうどクリスマスの時期だったので、12月24日に食事に誘ってみようと大胆なことを考えました。

そして、その作戦はどうであるか、占ってもらおうと思い、再びあの先生のところを訪ねました。

先生は、気持ちよく迎えてくれました。

もう話は通じているので「クリスマスに誘おうと思っている」ということをダイレクトに伝えると、

「いいと思いますよ。ただ、その日に会うことを了解してくれたからといって、その人に恋人がいるかどうかを知るのは難しい」

と言われました。

さらに「クリスマスに限らずそういった行事を、特別なことだと捉えていない人」だと続けました。

彼女がいるかどうかというのは気になったのですが、今は彼との二人の時間を持てるだけで十分です。

さらに、先生の前向きな言葉ももらったこともあって、誘うことを決心しました。

彼にクリスマスの誘いをメールでしたのですが、すんなりとOKをもらうことができました。

信じられないことに、彼との関係はその後もトントン拍子に進み、彼と楽しい時間を過ごす日が続きました。

しかし、まだ恋人になったわけではなく、依然として私の中に不安がありました。

クリスマスの食事も、年明けの初詣も一緒に行ったのですが「彼の気持ちが分からない」という壁が常にあったのです。

正直、聞くのが怖いというのが本音でした。

占い師「彼は遠くに行ってしまう」

私は、またしても先生のもとを訪れました。

もう人生相談といっても過言ではありませんでした。

先生は決して「本人の気持ちは本人にしかわからない」や「神のみぞ知る」といった漠然とした回答はしません。

厳しくても、はっきりと断言する答えを出してくれ、後は本人がどう動くかという風に持っていってくれるのです。

そしてそのときも、

「彼はいずれ遠くに行ってしまいます」

とはっきり言いました。

とても驚いた私は、理由を聞いたところ、

「具体的な理由はまだ分からないけれど、別れの線がはっきりと出ている」

と私の手相を見て言いました。

手相は私自身のものだから、それだけ的中率があるのではと感じ、淡い期待を抱いていた私は、一気に力が抜けるのを感じました。

そして先生は、「彼とは必ず別れがくるのだから、今はあなたの思うように動いたらいい」と続けました。

もうその日はぐったりとして帰りました。

それからも、彼とは週に一度会っていました。

オトナの深い関係にもなり、彼の方から誘ってくれるようにもなってきました。

大切にされているという実感もあり、私よりも彼の気持ちの方が大きくなっているのではという感触すらありました。

そして、あのクリスマスに誘った日から、半年が経ちました。

幸せな日が続いたので、占いに行くことも忘れていました。

信じられない彼の噂を耳にする

そんなとき、私は友人から衝撃の事実を聞かされました。

なんと「彼は結婚しているらしい」のです。

一瞬で血の気が失せました。

全く事態が飲み込めませんでした。

詳しく聞いてみると、彼は実家の四国で不動産会社を始め、奥さんは現在、彼の事務所(四国)で働いているのだそうです。

そして彼の方は、事業を広げるために現在、関西に出てきているという話でした。

実家が四国とまでは聞いていたのですが、まさか奥さんがいるなんて考えもしなかった私は、茫然自失の状態になってしまいました。

このまま彼と結婚できたら、私も宅建の資格を取って一緒に彼の会社を手伝おうとまで思っていたのです。

結果的に、あの占いの先生が言っていたことが当たっていたのです。

彼を責めました。

結婚したかったこと、宅建取得のための資料を取り寄せていたこと、恥ずかしくて今まで言えなかったことが、次から次へと出てきました。

彼は、私のことは好きだし、これからも付き合いは続けていきたい、別れたくないと言ってきました。

理解できませんでした。

家に帰ってから泣き続けました。

単に「男にだまされたよくある話」なのですが、自分の身に降り掛かるなんて想像もしていませんでした。

そして、あの先生の顔が浮かんだのです。

「彼は遠くに行ってしまう」が当たってた。見事に当たってた。

「彼は、皆が浮かれるような行事を特別なことと捉えていない」というのも思い出しました。

クリスマスも初詣も一緒に過ごさなくても、心はつながっているという彼と奥さんの強い結びつきに嫉妬しました。

私はただの「浮気相手」だったのです。

占い師へ結果報告の後、彼との別れを決意

その後、数ヶ月ぶりに先生のところに足を運びました。

起こったこと全てを話すと先生はすぐに私の手相を見ました。

そして、

「彼と付き合いたいのなら続けてもいい。奥さんと距離が離れている分、上手く付き合っていける」

と言ったのです。

それは、私にとって思いがけず甘い言葉でした。

まだ気持ちは彼の方を向いている私は、混乱しました。

でも、傷つくだけだから別れたいと言うと、

「次の人を見つけることが最良だとは言い切れない。そこまで好きな人なら好きでい続けてもいいはず。あとは大人としての判断をしていくのみです」

と言われたのですが、疲れ果てていた私は、その言葉には頷けませんでした。

結局、彼とは別れました。

占い師の先生は私にとっての救世主

もし占いに行っていなくても、同じようなときを過ごしていたかもしれません。

でも、あの時点では、私にとって先生は救世主でした。

切羽詰まった状態で訪れた私に、厳しく助言してくれていました。

結果的には、先生の言っていた通りになったので「当たった」のですが、占いというのはそれだけではなく、自分の気持ちに素直になれるよう導いてくれるものだと感じました。

ここに全て書くことはできないのですが、たくさんの言葉をもらいました。

あとは、占い師との相性もとても大切だと思います。

話し方や声のトーン、表情によって受ける印象がかなり違ってくると思います。

私は本当にあの先生に出会って良かったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。