【口コミ】難波の道頓堀にある「占いサロンそら」で占ってもらってきました

38歳・主婦・手相

道頓堀にある「占いサロンそら」で占ってもらってきました。

今の主人と結婚する前の独身時代の話です。

会社の同期の女友達に誘われて、愛知県から大阪府へバスに乗り込み、占いの館へ向かいました。

今回は、大阪の道頓堀にある「占いサロンそら」で占ってもらった体験談をご紹介します。

 

結婚が不安な私の占い体験

彼女の現在のご主人と私の現在の主人は、同じ飲み会で知り合い、そして同時期にプロポーズされたのです。

そのため二人揃って、この結婚に向けて本格的に動き出す前に一度占いに頼ってみよう、と思った次第です。

私も彼女も正式な占い師に鑑定してもらった経験はなく、初めてそのような場所に足を運びました。

道頓堀の付近に位置するその館は、少し幻想的な雰囲気を醸し出しており、一歩足を踏み入れると、20人近くもの占い師がそれぞれの分けられたブースに座っていました。

人気がある占い師では、約1時間待ちブースもありました。

 

手相で彼との相性がわかった…?

私たちはまず手相占いを選択し、20代くらいの占い師に鑑定を依頼しました。

占い師は神妙に手を取るなり、私の手相が意味することについて丁寧に説明を始められました。

「あなたとお相手の男性の相性は、結びつきが強く非常に安定しており、お互いに居心地が良い存在となれるでしょう」

「運命の人として出会うタイミングも合致しており、彼との結婚に真摯に向き合い進めていくことを強くお勧めします」

「この先困難に立ち向かわなければならないことも幾度となくあるでしょう」

「ネガティブ思考のあなたは、深く考え過ぎて底なしの泥沼に落ちやすいです」

「しかも、あなたは人に頼ることが苦手で、今まで何ごとも自分の力で解決しようとしてきましたね」

「ですがこれからは、ずっとあなたのすぐ側で見守ってくれるであろう彼に相談し、頼りなさい」

「きっとあなたを泥沼の奥底から救い出してくれるはずです」

「その力を彼は持っています」

あなたたち二人ならこの先の未来を切り開くことが必ずできます」と。

そう告げられたとき、結婚に対し暗くナーバスになっていた私の心は、スーッと霧が晴れたように明るくなりました。

 

タロットカードが表す私の未来とは…?

その後、大阪を探索しようとしていた私たちですが、たくさんの占い師を前に、もう一度別の占い師に鑑定をしてもらいたくなりました。

次はタロット占いです。

友達と遊び半分で占いごっこをしていた時にタロットカードを触ったことはありましたが、きちんと占ってもらうのはこの日が初めてでした。

先程と同様、プロポーズされている彼についての鑑定を依頼することに。

占い師の手により軽快な動きでサクサクとカードが切られていき、テーブルの上に配置されると、1枚ずつカードがめくられ説明へと続きました。

「では、始めさせていただきます」

「あなたはこれまでに何人かの男性とお付き合いされましたが、相手の方からあなたの元を去っていきませんでしたか?」

「あなたの尽くしすぎるその真面目な性格が相手には重荷になってくるのです」

「しかし、今現在結婚を考えられているお相手は、そんなあなたの真面目な一面を、一途な性格として受け入れてくれます」

光差す未来、恵まれた子供に温かい笑顔を向けるあなたの姿が見えます」

「長い人生、出口の見えないトンネルに迷い込んでしまうこともあるでしょう」

「そんなときは下を向かず、上を見上げてごらんなさい。彼が光となり、優しくあなたを出口へ案内してくれますよ」

「今回ご相談された、現在お付き合いされている彼との結婚は是非とも前向きに考えるべきではないでしょうか?」

「幸福を表すカードが次々と出てきましたよ」

「最後に決断されるのはあなた自身ですが、私から申し上げることができるのは、不安があるなら全てを彼に打ち明け、これからの二人の未来を共に導くのです」

「このタロット占いでは相性の良いあなたたちです」

この先力を合わせ、助け合いながら、人生を歩んでいけるのではないでしょうか」

これが、タロット占い師の先生からいただいたお言葉です。

二名の先生方に太鼓判を押され、これまで彼との結婚に対して不安でしかなかった私ですが、明るく前向きに考えられるようになりました。

 

結婚が不安だった私の現在

あれから10年近く経ち、二人の男の子に恵まれ、主人とも幸せな毎日を過ごしています。

私の幸せを後押ししてくださった二人の先生方には、心から感謝しています。

⇒「占いサロンそら」はコチラ

コメントを残す