鳥取県米子市で人の「最期」が見える占い師に見てもらった体験談

35歳・看護師・タロット

「今、妊娠してませんか?」

タロットカードで「妊娠」を表すカードが出たらしく、占い師に突然そう言われて、びっくりしました。

実は、占いに行く少し前に初期流産をしていたのです。

他にも、当時アプローチされていた男性2人のどっちと結婚した方がいいか、尋ねてみました。

今回は、鳥取県米子市での占い体験談をご紹介します。

 

鳥取県米子市のアーケードで結婚相手について占ってもらう

10年以上前の話です。

当時、恋愛で悩んでいた私は、よく当たると評判の占い師さんに見て頂くことにしました。

米子駅近くのアーケードの中にある小さな個人のお店の中から、気さくとエキゾチックが混ざった雰囲気の女の人が招き入れてくれました。

早速、「何について見ましょうか?」と聞かれました。

私は当時、結婚してくれない交際中の彼氏と、熱心にアプローチしてくれる男性とのあいだで揺れていたので、

「恋愛について見てください」

とお願いしました。

占い師さんから言われたのは、

「誠実さは違うけど、どちらもすごく似たタイプですね」

「どちらもあなたに愛情はありますが、アプローチしてくれている男性の方が、よりあなたに執着心があります」

「しかし、なかなかの浮気症ですね」

ということでした。

結婚できそうにない彼については、「結婚したら良いパパになるけれど、まだ結婚願望がないみたい」だと、そしてアプローチしてくれる彼については、「浮気症なので良い女性が現れたらそっちに行ってしまう可能性がある」と言われました。

でも何かに引っ張られるように私への執着心が強いとも言われました。

 

「今、妊娠してませんか?」

それから、

「今、妊娠していない?」

と聞かれました。

タロットで「妊娠」を表すものが出たようでした。

実は、占いに行く少し前に「初期流産」をしていたので、言われた時は本当にびっくりしました。

 

今の夫を選んだ結果、浮気に悩まされる

その後、私は結婚をしてくれない男性と長く付き合っても無駄なのかなと考え、彼と別れてアプローチしてくれた男性と付き合うことにしました。

彼とは1年ほど付き合った後、結婚。

しかし、付き合っているあいだも結婚してからも、職場の女の子やSNSで知り合った女の子と頻繁にやり取りしていました。

「ほんとに浮気症なんだな、治らないんだな…」

と思いました。

当時を振り返り、今夫である彼は、

「あの頃は女の子にモテたかったし、チャラチャラした気持ちがあった」

と言っています。

今は子供もいるので、単なる治らない病気として、再発したらいつでも離婚する気持ちで日々過ごしています。

今が幸せではない、というわけではありませんが、

「あのときもう少し元カレの気持ちを待っていたら、別の人生はどんなだったかなぁ」

と考えないこともありません。

ちなみに手相で、

「結婚は25、26、27、う〜ん26歳だね」

と言われ、狙ったわけではありませんが、本当に26歳のときに結婚しました。

 

健康やラッキーカラーについて教えてもらう

他にも、「健康」について占ってもらいました。

私のラッキーカラーはピンク色だと言われました。

単純にピンク色が好きだったので嬉しかったのですが、日々のラッキーカラーとは違い、その人の運気を良くしてくれる本来の色があるという事でした。

「身につけたり、生活に取り入れたらいいよ」という事でした。

健康面で気をつける事としては、「婦人科系」を指摘されました。

婦人科系での手術を要する病気や冷え性を言われました。

実際に、5年後くらいに子宮の病気で手術をしました。

命に別条はありませんが、手術したときは「あ、このことか」と思いました。

それから、「喉が弱いですね」とも言われました。

実際、風邪をひくたびに、気管支炎になったり声帯がやられたり、それも当たっていました。

 

守護霊や家族について

最後に、私の背後を見ながら「守護霊」の話をされました。

仏壇に写真があるひいお婆ちゃんと思われる人物でした。

それから、「祖父の事を気をつけていてあげて」と言われました。

「今は何ともなさそうだけど、急にそのときがくるから」と。

当時は元気な祖父でしたが、その1年後くらいに心不全を起こし倒れ、救急車で運ばれました。

その時は治療し、回復はしたのですが、「あのとき言われていたことだ」とゾッとしました。

そして、もう1人、気をつけてと言われた人がいました。

姿の特徴を言った上で、その親族に何か起こるという事でした。

しばらくして、その人が屋根から落ちて大怪我をしました。

これも当たっていたのでびっくりしました。

たくさんの事が当たっていて、後になって、あの占い師さんは本当に見えていたんだな、と実感しました。

 

最後に

その占い師さんは、

「自分が最期、どうやって死んでいくかも見えている。自分の事は見えないという占い師もいるけど、それはおかしいと思う」

と言っていました。

「私の最期はどんな終わりでしょうか?」

と聞く勇気は無かったのですが、とても不思議な気持ちで占いを終えました。

時間としては、30分程で、料金は3000円ほどだった気がします。

コメントを残す